茨城県の緊急事態宣言解除について(5/16更新)

2020年5月16日

令和2年5月14日夕刻の日本政府の会見、および茨城県知事の声明により、当県に発令されておりました「緊急事態宣言」が解除されました。しかしながら鹿島神宮は感染症拡大防止の観点から「社務所機能の規模縮小や変更」といった特別体制を継続することとなりました。

つきましては、当面の間、以下の通りといたしますので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

鹿島神宮へのご来宮・ご参拝について

当県は緊急事態宣言が解除されましたが、知事の発言にあったように宣言が解除されてもウイルスがいなくなったわけではありません。感染症の拡大の予防のため、当神宮へのご来宮は極力自粛下さいますようお願いいたします。

また「県をまたいでの来訪」は、地元住民にも無用の不安が広まりますのでお控え下さいますようお願い申し上げます。

変更内容 祈祷受付・お守お札の授与・ご朱印は“授与所”で対応いたします。

祈祷受付 午前9時~午後4時半
授与所開設 午前8時45分~午後4時半のご祈祷終了まで
  • ご参拝される皆様と職員の健康と安全確保のため、職員がマスクを着用して応対させていただきます。
  • ご祈祷は授与所で受付を行い、本殿にて神職がご芳名と祈願祝詞を奏上いたします。(感染対策のため昇殿はできません)
  • ご朱印の受付は場所を変更し、授与所で対応いたします。(書き置きの“紙の御朱印”にて対応させていただきます)
  • 新庁舎(祈祷殿・参集殿・社務所)は全て立ち入りを制限いたします。外部から入ることはできません。

 

おわりに

鹿島神宮では日々の祭典に併せ、新型コロナウイルス感染症の鎮静と皆様に平穏な日々が一日も早く戻りますよう祈願しております。皆様におかれましては、ひとりひとりが自覚をもって予防対策を励行し、ご自身や大切な人を守るため節度のある生活を心がけていただきますようお願い申し上げます。

また、当神宮への参拝はこのコロナ禍が収束したのちにご計画をお立ていただきますよう併せてお願い申し上げます。

 

(履歴)
 5月15日 本ページ掲載。
 5月16日 祈祷受付および授与所開設時間を訂正。第一駐車場の特別体制を解除。